Logo s

株式会社環境ルミナス

最終更新日:

株式会社環境ルミナスの法人番号

9060001017558

法人番号以外の法人識別コード

株式会社環境ルミナスの基本情報

法人基本情報の最終更新日:2019-09-13

本店等所在地

栃木県栃木市片柳町1丁目3番25号

商号/本店等所在地の変更

移転履歴

栃木県栃木市旭町22番24号タムラリサイデンス2階 [至:2019-09-08]

株式会社環境ルミナスの法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

株式会社環境ルミナスに関係するウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。株式会社環境ルミナスのホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

株式会社環境ルミナスの法人情報へのアクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

株式会社環境ルミナスと資本関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※株式会社環境ルミナスへの感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※株式会社環境ルミナスに関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2019-08-24のアクセスが栃木県栃木市で第19位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2019-08-25 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2019-08-02のアクセスが栃木県栃木市で第17位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2019-08-03 00:18

栃木県栃木市のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 株式会社ホーデリー

    栃木県栃木市西方町本城62番地3

  2. 株式会社青木パーツ

    栃木県栃木市西方町本城461番地

  3. 有限会社丸和

    栃木県栃木市大平町富田2660番地3

  4. 日本機総株式会社

    栃木県栃木市新井町1013番地17

  5. 株式会社きれい本舗

    栃木県栃木市大宮町1971番地48

  6. エステーマイコール株式会社

    栃木県栃木市千塚町1717番地

  7. 株式会社スギエイト

    栃木県栃木市藤岡町藤岡2262

  8. 有限会社ジャイプル

    栃木県栃木市小平町7番8号

  9. 株式会社ライフスマイル

    栃木県栃木市岩舟町下津原454番地1

  10. Berry Good farm株式会社

    栃木県栃木市西方町本郷1200番地

  11. PACIFIC FUND CONTROL,INC.

    栃木県栃木市都賀町臼久保実ノ入395

  12. サンデリカ協同組合

    栃木県栃木市大宮町2496番地5

  13. 株式会社AJAR TRADING

    栃木県栃木市吹上町1631番地1ユーミーガーデンヒルズ201

  14. 合同会社山宮物産

    栃木県栃木市大平町土与156番地

  15. 合名会社山崎商店

    栃木県栃木市泉町303番地

  16. 有限会社ニチエイ

    栃木県栃木市尻内町1194番地

  17. 有限会社信和

    栃木県栃木市錦町10番14号

  18. 有限会社コーヨー

    栃木県栃木市境町20番3号

  19. 合同会社エベレスト

    栃木県栃木市富士見町3番24号ハイツマロニエA101号室

  20. フーテム株式会社

    栃木県栃木市沼和田町11番17号

株式会社環境ルミナスと同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

株式会社環境ルミナスと同一所在地に存在する法人

※各法人と株式会社環境ルミナスとの関係性は確認しておりません。
利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針