Logo s

US PATRIOT,LLC

最終更新日:

US PATRIOT,LLCの法人番号

8700150088625

法人番号以外の法人識別コード

US PATRIOT,LLCの基本情報

法人基本情報の最終更新日:2018-05-08

本店等所在地

国外所在地:アメリカ合衆国サウスカロライナ州コロンビア街キャンディ通り212番地

国内所在地:沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜嘉手納空軍基地412番ビル

US PATRIOT,LLCの法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

US PATRIOT,LLCに関係するウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。US PATRIOT,LLCのホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

US PATRIOT,LLCの法人情報へのアクセス数推移

Loading...

US PATRIOT,LLCと資本関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※US PATRIOT,LLCへの感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※US PATRIOT,LLCに関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

【デイリーアクセスランキング】
2018-05-20のアクセスが沖縄県嘉手納町で第5位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2018-05-21 00:18

【デイリーアクセスランキング】
2018-05-15のアクセスが沖縄県嘉手納町で第6位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2018-05-16 00:18

US PATRIOT,LLCと同一所在地に存在する法人

沖縄県嘉手納町のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 株式会社煌エンタープライズ

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜259番地

  2. 合同会社エスエイチプラン

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜414番地2嘉手納町民住宅406号

  3. 合同会社MRD

    沖縄県中頭郡嘉手納町字屋良920番地

  4. milkcrown株式会社

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜407番地ハウスナンバー7236

  5. WallZack合同会社

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納463番地

  6. 合同会社アライズ

    沖縄県中頭郡嘉手納町水釜6丁目12番11号

  7. 一般社団法人ロストホープソリューションズL.H.S

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納258番地2KADENAビル609号

  8. 合同会社J&T企画

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜114番地

  9. 有限会社徳里不動産商事

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納512番地

  10. 株式会社アンティーム

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜379番地23A棟

  11. 有限会社バンジハン

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納103番地1

  12. 合同会社an

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜229

  13. 自治労嘉手納町職員労働組合

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納588

  14. 有限会社沖縄ジエットクリーン商会

    沖縄県中頭郡嘉手納町字屋良19番地

  15. 合同会社ニライ

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜407番地

  16. 合同会社Riyuka

    沖縄県中頭郡嘉手納町水釜6丁目24番22号

  17. 沖縄建設資材販売合名会社

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納547番地

  18. ワールド電気産業有限会社

    沖縄県中頭郡嘉手納町字嘉手納289−1F

  19. US PATRIOT,LLC

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜嘉手納空軍基地412番ビル

  20. イースト・フォレスト株式会社

    沖縄県中頭郡嘉手納町字水釜546番地5

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針