Logo s

株式会社リレイション

最終更新日:

法人番号等

7370001042072

法人番号以外の法人識別コード

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2017-09-22

本店等所在地

宮城県登米市迫町佐沼字南元丁83番地5

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。株式会社リレイションのホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※株式会社リレイションへの感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※株式会社リレイションに関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-05-24のアクセスが宮城県登米市で第14位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-05-25 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-05-23のアクセスが宮城県登米市で第11位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-05-24 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-04-26のアクセスが宮城県登米市で第10位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-04-27 00:18

海外のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 株式会社登米ライス

    宮城県登米市南方町原10番1号2

  2. 金山産業株式会社

    宮城県登米市中田町石森字駒牽89番地1

  3. 株式会社津山エーク

    宮城県登米市津山町柳津字本町32番地

  4. 株式会社サンフルーツ・ファーム

    宮城県登米市南方町大平86番地1

  5. トライデントオサベフーズ株式会社

    宮城県登米市中田町宝江黒沼字東228番地

  6. 佐沼小売酒販組合

    宮城県登米市迫町佐沼字萩洗2丁目2番地4

  7. 海老喜合名会社

    宮城県登米市登米町寺池三日町22番地

  8. なでしこファーム株式会社

    宮城県登米市南方町中須崎203番地

  9. 株式会社T・Cカンパニー

    宮城県登米市中田町上沼字弥勒寺寺山17番地6

  10. 有限会社迫電機

    宮城県登米市迫町佐沼字錦115番地の1

  11. 有限会社東和舎

    宮城県登米市東和町米川字町下31番地

  12. 朝来神社

    宮城県登米市米山町善王寺字森腰213番地

  13. 瑞光寺

    宮城県登米市迫町佐沼字南元丁93番地の2

  14. 有限会社佐藤建設

    宮城県登米市石越町東郷字加慶90番地

  15. 神明社

    宮城県登米市登米町大字日根牛字入谷76番地

  16. 株式会社緑建

    宮城県登米市迫町佐沼字八幡1丁目13番地6フローラル102

  17. メルシーアキヤマ株式会社

    宮城県登米市東和町米谷字元町19番地

  18. 登米簡易裁判所

    宮城県登米市登米町寺池桜小路105−3

  19. 株式会社トレーラーハウスフロンティア

    宮城県登米市南方町新一ノ曲620番地1

  20. 登米市

    宮城県登米市迫町佐沼字中江2丁目6−1

株式会社リレイションと同一名称の法人

※20件(最大)を表示しています。下部のリンクから一覧ページに移動できます。

同一名称の法人は17法人あります。

名称が「株式会社リレイション」の法人一覧

株式会社リレイションと同一所在地に存在する法人

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針