Logo s

パルステック工業株式会社

最終更新日:

法人番号等

5080401004455

法人番号以外の法人識別コード

証券コード
6894
パルステック工業株式会社の企業情報を確認する
※姉妹サイトの上場企業サーチ.comに移動します
東証二部
Edinetコード
E02021

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2018-07-11

本店等所在地

静岡県浜松市北区細江町中川7000番地の35

資本金

1,491,375,000円

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日
2.64
2021-03-31

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日
0.38
2021-03-31

法人キーワード (β)

残留応力 残留オーステナイト 半価幅 光応用 レーザ光源 ナノ加工 三次元計測 3Dスキャナ 非接触座標測定機 次世代光ディスク 光ピックアップ 製品情報 製品案内 パンフレット

Emotion

※パルステック工業株式会社への感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※パルステック工業株式会社に関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2021-10-28のアクセスが静岡県浜松市北区で第2位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2021-10-29 00:18

静岡県浜松市北区のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. はぐれ総研株式会社

    静岡県浜松市北区新都田3丁目9番24号

  2. パルステック工業株式会社

    静岡県浜松市北区細江町中川7000番地の35

  3. 有限会社高沢製作所

    静岡県浜松市北区引佐町四方浄30番地の12

  4. 株式会社こころ工房

    静岡県浜松市北区三方原町104番地の21

  5. 有限会社ワイアンドエム

    静岡県浜松市北区都田町7772番地の60

  6. 有限会社KEYUFACTORY

    静岡県浜松市北区新都田5丁目21番15号

  7. 株式会社シーエーアール

    静岡県浜松市北区引佐町横尾796番地の1

  8. 株式会社浜名湖鰻三商店

    静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑3103番地の1プリオール浜名湖522号室

  9. 株式会社エフ・シー・シー

    静岡県浜松市北区細江町中川7000番地の36

  10. 合同会社中研トラスト

    静岡県浜松市北区東三方町477番地の11

  11. 有限会社ナカデン

    静岡県浜松市北区三方原町150番地の1

  12. 合同会社和田総合企画

    静岡県浜松市北区初生町762番地の2

  13. 株式会社ネクストリノベーションホールディングス

    静岡県浜松市北区細江町広岡375番地

  14. 夏目牧場株式会社

    静岡県浜松市北区三ヶ日町鵺代640番地

  15. 株式会社OSP

    静岡県浜松市北区三ヶ日町都筑3249番地の11

  16. フジ工機設計株式会社

    静岡県浜松市北区根洗町1300番地

  17. 株式会社中部金型工業

    静岡県浜松市北区三方原町1676番地の3

  18. 有限会社大野育成場

    静岡県浜松市北区引佐町井伊谷3724番地の2

  19. イイコン工業合資会社

    静岡県浜松市北区引佐町井伊谷587番地の1

  20. 有限会社ベルウッド

    静岡県浜松市北区三方原町2014番地の21

パルステック工業株式会社と同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

パルステック工業株式会社と同一所在地に存在する法人

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針