Logo s

特定非営利活動法人鹿芳文化学園

最終更新日:

この法人の登記は2020年08月19日に閉鎖されています


法人番号等

4260005003019

法人番号以外の法人識別コード

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2020-08-26

本店等所在地

岡山県加賀郡吉備中央町岨谷1399番地7

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。特定非営利活動法人鹿芳文化学園のホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※特定非営利活動法人鹿芳文化学園への感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※特定非営利活動法人鹿芳文化学園に関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2021-05-11のアクセスが岡山県吉備中央町で第6位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2021-05-12 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2021-04-09のアクセスが岡山県吉備中央町で第10位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2021-04-10 00:18

岡山県吉備中央町のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 合資会社吉川協同農産工業所

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川3930番地の2

  2. 有限会社さぬき麺機東中国販売

    岡山県加賀郡吉備中央町下加茂1074番地4

  3. 檀度坊

    岡山県加賀郡吉備中央町上竹5590番地

  4. 株式会社Ace

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川4459番地65セントレジス吉備高原8号

  5. 新山財産区

    岡山県加賀郡吉備中央町豊野1−2

  6. イノベーションヒルズ株式会社

    岡山県加賀郡吉備中央町湯山1280−128

  7. 愛宕神社

    岡山県加賀郡吉備中央町竹部2073番地

  8. 有限会社サンユー工業

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川4690番地1

  9. ヤマモト建設株式会社

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川3630番地の1

  10. 株式会社日本環境科学研究所

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川2316番地

  11. 円城土地改良区

    岡山県加賀郡吉備中央町上田西2316−8

  12. 学校法人吉備高原学園

    岡山県加賀郡吉備中央町上野2400番地

  13. 妙福寺

    岡山県加賀郡吉備中央町竹部1009番地

  14. 特定非営利活動法人吉備高原みどりを守る会

    岡山県加賀郡吉備中央町西3277番地1

  15. 森神社

    岡山県加賀郡吉備中央町三谷392番地

  16. 岡山北エバーグリーン株式会社

    岡山県加賀郡吉備中央町上竹字ヨコヒラシリ5682番地1

  17. 特定非営利活動法人吉備高原チャレンジドワーク

    岡山県加賀郡吉備中央町吉川4860−6番地

  18. 株式会社吉備の国野菜村

    岡山県加賀郡吉備中央町円城1177番地2

  19. 株式会社十字屋

    岡山県加賀郡吉備中央町上田東2286番地1

  20. 火雷神社

    岡山県加賀郡吉備中央町上田西158番地

特定非営利活動法人鹿芳文化学園と同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

特定非営利活動法人鹿芳文化学園と同一所在地に存在する法人

※各法人と特定非営利活動法人鹿芳文化学園との関係性は確認しておりません。
利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針