Logo s

札幌CATT事務局

最終更新日:

法人番号等

3700150031853

法人番号以外の法人識別コード

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2018-06-08

本店等所在地

北海道札幌市中央区南二条西2丁目13札専会館

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。札幌CATT事務局のホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※札幌CATT事務局への感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※札幌CATT事務局に関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-04-23のアクセスが北海道札幌市中央区で第4位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-04-24 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-04-18のアクセスが北海道で第12位でした。
【デイリーアクセスランキング】
2020-04-18のアクセスが北海道で第12位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-04-19 00:18

海外のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 株式会社金忠

    北海道札幌市中央区宮の森二条17丁目1番1号

  2. 有限会社エー・トランスデザインワークス

    北海道札幌市中央区南二条西7丁目1番地5 2・7ビル3階

  3. 一般社団法人療養生活支援協議会

    北海道札幌市中央区南九条西3丁目10番97

  4. JWB株式会社

    北海道札幌市中央区南二条西4丁目12番地5

  5. 株式会社LIG.ガス

    北海道札幌市中央区南十四条西14丁目2番32号

  6. 株式会社アンティークセラーズ

    北海道札幌市中央区南二条西9丁目1番地27リシュレーヴ505号

  7. OWN株式会社

    北海道札幌市中央区南五条西8丁目8番2号

  8. ニイダス株式会社

    北海道札幌市中央区北一条西7丁目3番地

  9. 株式会社トヨテックジャパン北

    北海道札幌市中央区北四条西12丁目1番地8

  10. 株式会社GYNホールディングス

    北海道札幌市中央区北四条西18丁目7−12−305

  11. 株式会社Reheit

    北海道札幌市中央区北四条西20丁目2番1号306号室

  12. 株式会社エストフィールズ

    北海道札幌市中央区南三条東1丁目1番地3

  13. 有限会社イオン

    北海道札幌市中央区南一条西2丁目18番地

  14. Web Archon合同会社

    北海道札幌市中央区南十一条西1丁目1番11−401号

  15. 合同会社美美

    北海道札幌市中央区南八条西1丁目13番地12

  16. コンタクトサービス株式会社

    北海道札幌市中央区南一条西5丁目7

  17. 弁護士法人シンシア

    北海道札幌市中央区南一条東3丁目10番1

  18. 株式会社アークス

    北海道札幌市中央区南十三条西11丁目2番32号

  19. ワイワイリゾート株式会社

    北海道札幌市中央区北二条東8丁目86番地15

  20. 株式会社WinGrow

    北海道札幌市中央区南二条西3丁目1−7MODAビル4AB号室

札幌CATT事務局と同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

札幌CATT事務局と同一所在地に存在する法人

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針