Logo s

株式会社三戸ジーンズ

最終更新日:

この法人の登記は2017年09月01日に閉鎖されています

承継先法人
株式会社みちのくジーンズ
承継事由
平成29年9月1日青森県弘前市大字神田五丁目2番地2株式会社みちのくジーンズ(7420001009553)に合併し解散

法人番号等

2420001006803

法人番号以外の法人識別コード

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2017-09-19

本店等所在地

青森県三戸郡三戸町大字川守田字尼久保28番地

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。株式会社三戸ジーンズのホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※株式会社三戸ジーンズへの感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※株式会社三戸ジーンズに関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-05-25のアクセスが青森県三戸町で第5位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-05-26 00:18
通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-03-28のアクセスが青森県三戸町で第14位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-03-29 00:18

海外のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 合同会社IMYドリーム

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字大石36番地3

  2. 丸富運輸有限会社

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字上川原43番地3

  3. 有限会社ハイランド牧場

    青森県三戸郡三戸町大字貝守字北大平67番地1

  4. 株式会社佐瀧本店

    青森県三戸郡三戸町大字八日町49番地

  5. 矢幅合名会社

    青森県三戸郡三戸町大字八日町43番地

  6. 佐繁建設株式会社

    青森県三戸郡三戸町大字豊川字下原19番地の2

  7. 合資会社藤昌商店

    青森県三戸郡三戸町大字八日町59番地

  8. 有限会社北都グループ

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字清水田110番地7

  9. 有限会社駒商会

    青森県三戸郡三戸町大字川守田字雀舘46番地の1

  10. 有限会社幸和商事

    青森県三戸郡三戸町大字八日町21番地

  11. 蛇沼財産区

    青森県三戸郡三戸町大字在府小路町43

  12. プロワーカー・コーポレーション有限会社

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字上別当沢33番地3

  13. 有限会社割烹白山

    青森県三戸郡三戸町大字同心町字古間木平39番地1

  14. タカハシ商事株式会社

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字沢田14番地1

  15. 株式会社れふぁむ

    青森県三戸郡三戸町大字川守田町10番地2

  16. 株式会社坂本印刷所

    青森県三戸郡三戸町大字六日町16番地1

  17. 有限会社大坊建設

    青森県三戸郡三戸町大字目時字中野56番地1

  18. 有限会社坂中農場

    青森県三戸郡三戸町大字斗内字坂中27番地

  19. 株式会社ハナマル水道設備

    青森県三戸郡三戸町大字同心町字金堀58番地7

  20. 株式会社ワイルドベース

    青森県三戸郡三戸町大字目時字中野31番地6

株式会社三戸ジーンズと同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

株式会社三戸ジーンズと同一所在地に存在する法人

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針