Logo s

株式会社シバタインテック

最終更新日:

株式会社シバタインテックの法人番号

2370001003186

法人番号以外の法人識別コード

株式会社シバタインテックの基本情報

法人基本情報の最終更新日:2019-10-11

本店等所在地

宮城県仙台市若林区卸町2丁目11番地3

承継元法人

法人名称 承継事由
株式会社ジオット 令和1年10月1日仙台市若林区卸町二丁目11番地3株式会社シバタインテック(2370001003186)に合併し解散

株式会社シバタインテックの法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

株式会社シバタインテックに関係するウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。株式会社シバタインテックのホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

株式会社シバタインテックの法人情報へのアクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

株式会社シバタインテックと資本関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※株式会社シバタインテックへの感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※株式会社シバタインテックに関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針


宮城県仙台市若林区のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 一般社団法人ピンフォー

    宮城県仙台市若林区荒井1丁目19番地の4

  2. 株式会社グイント

    宮城県仙台市若林区遠見塚2丁目16番66号

  3. エヌツー株式会社

    宮城県仙台市若林区大和町5丁目11−32

  4. 株式会社Master Design

    宮城県仙台市若林区新寺1丁目1番15号セントラルレジデンス505号室

  5. 株式会社東北ハート建材

    宮城県仙台市若林区大和町5丁目6−17第二吉田店マンション101号室

  6. 株式会社MNK仙台

    宮城県仙台市若林区荒浜字一本杉北1番2

  7. 株式会社リベルタ

    宮城県仙台市若林区沖野2丁目10番64号

  8. 株式会社グリーン・ウェーブ・アーキテクツ

    宮城県仙台市若林区荒井7丁目37番地の1アライデザインセンター402

  9. 株式会社リブネット東北

    宮城県仙台市若林区卸町東2丁目2番28号

  10. 有限会社アド・ワイズ

    宮城県仙台市若林区沖野5丁目7番29号

  11. 千代田工業株式会社

    宮城県仙台市若林区舟丁47番地の5

  12. 株式会社ケーユーピー

    宮城県仙台市若林区土樋103番地

  13. 有限会社斉辰商事

    宮城県仙台市若林区志波町1番24号

  14. スペースクリエイト株式会社

    宮城県仙台市若林区卸町東3丁目2番41号

  15. 株式会社リレーション

    宮城県仙台市若林区荒井7丁目20番地6

  16. ディプロ・テック株式会社

    宮城県仙台市若林区若林5丁目5番34号

  17. 株式会社ネクステージソリューション

    宮城県仙台市若林区六丁目字南97番地の3

  18. Dechi Venture Partners株式会社

    宮城県仙台市若林区卸町2丁目9−1

  19. 株式会社ファーストコミュニケーション

    宮城県仙台市若林区沖野3丁目6−60プロスペリテ沖野201

  20. 合同会社ABCROOM

    宮城県仙台市若林区文化町14番1−3号

株式会社シバタインテックと同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

株式会社シバタインテックと同一所在地に存在する法人

※各法人と株式会社シバタインテックとの関係性は確認しておりません。
利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針