Logo s

特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会

最終更新日:

法人番号等

1050005011185

法人番号以外の法人識別コード

法人基本情報

法人基本情報の最終更新日:2019-09-13

本店等所在地

茨城県つくば市要1187番地299

商号/本店等所在地の変更

商号変更履歴

特定非営利活動法人茨城県訪問リハビリテーション協議会 [至:2019-09-01]

法人産業分類

※産業分類が定義されていません。「編集」ボタンを押して登録してください。

大分類:

関係ウェブサイト一覧

※ウェブサイトの登録がありません。特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会のホームページや関係するECサイト、SNSサイトなどの情報を教えてください。

ウェブサイト登録申請

※申請されたWebサイトと法人の関係が確認できない場合には申請を却下させていただくことがあります。
URL
登録申請

アクセス数推移

Loading...

 Tags

※未ログインユーザによるタグ付けはすべて公開タグとなります。
非公開タグを作成したい場合はログインしてください。

出資関係のある法人

親法人等出資元

法人名
直接出資比率
確認基準日

子会社・関連会社等出資先

法人名
直接出資比率
確認基準日

法人キーワード (β)

Emotion

※特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会への感情を教えてください。

aEmotion a0%
bEmotion b0%
cEmotion c0%
dEmotion d0%
eEmotion e0%

Designed by Freepik.com

Loading...

Idobata (β)

※特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会に関する情報交換ができます。投稿から75日以内のメッセージのみ表示されます。

無理ユーザ登録またはログインしてメッセージを投稿しましょう。

Idobata利用方針

通報

【デイリーアクセスランキング】
2020-01-12のアクセスが茨城県つくば市で第12位でした。

@549e0f0e9c1539ae6490 / 2020-01-13 00:18

茨城県つくば市のアクセスランキング

※直近1週間の上位20件(最大)を表示しています。
  1. 株式会社イグレック・ユ

    茨城県つくば市みどりの東21番地13

  2. 有限会社ラージェントレーディング

    茨城県つくば市天久保2丁目16番地10誠和ビル102

  3. 株式会社TSUKADAコンストラクション

    茨城県つくば市西大井1710

  4. 株式会社TMMエナジー

    茨城県つくば市学園の森1丁目19番1

  5. 株式会社サンシリコン・ジャパン

    茨城県つくば市学園南2丁目8番地3

  6. プラネットパワー株式会社

    茨城県つくば市今鹿島2500番地2

  7. 株式会社グローリアインターナショナル

    茨城県つくば市二の宮1丁目2番地2

  8. 株式会社Human Finance

    茨城県つくば市梅園2丁目7番地3つくばシティビル303号

  9. 一般社団法人住宅災害調査機構

    茨城県つくば市上横場253番地1MIビル2B

  10. 株式会社ライトオン

    茨城県つくば市小野崎260−1

  11. 圏央プラント株式会社

    茨城県つくば市千現2丁目11番地15

  12. 篤丸樹株式会社

    茨城県つくば市小野川1番地25

  13. エクセレントカーレンタルエージェント株式会社

    茨城県つくば市天久保2丁目21番地12

  14. 株式会社NEW NEXT CLEAN

    茨城県つくば市春日4丁目1−9矢口ビル101

  15. 株式会社ミラコネ

    茨城県つくば市竹園1丁目3番地1

  16. 株式会社アラレグミ

    茨城県つくば市春日4丁目14−1ミレニアムつくば406

  17. 株式会社菓子工房シェリココ

    茨城県つくば市大曽根3379番地2

  18. 株式会社フジサワ

    茨城県つくば市下原字池向370番地の1

  19. 国軒高科日本株式会社

    茨城県つくば市天久保2丁目17番5号

  20. 株式会社エイシン先導関東

    茨城県つくば市大形440−2

特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会と同一名称の法人

現存する同一名称の法人はありません。

特定非営利活動法人茨城県生活期リハビリテーション協議会と同一所在地に存在する法人

利用規約 | 法人情報開示方針 | Idobata利用方針